Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録

自己破産費用

自己破産手続きを弁護士に依頼した場合、いくらかかるか調べてみました(自己破産手続き@情報局)

自己破産手続きを弁護士に依頼した場合、いくらかかるのか実際に調べてみました。

A法律事務所(東京都) 156,450円
B法律事務所(東京都) 294,000円
C法律事務所(大阪府) 315,000円
D法律事務所(東京都) 420,000円から
E法律事務所(東京都) 190,000円
F法律事務所(東京都) 262,500円
G法律事務所(埼玉県) 315,000円から
H法律事務所(横浜市) 262,500円から
I法律事務所(東京都) 262,500円
J法律事務所(東京都) 210,000円
K法律事務所(東京都) 283,500円
L法律事務所(東京都) 252,000円
M法律事務所(東京都) 157,800円
N法律事務所(東京都) 180,000円
O法律事務所(横浜市) 420,000円
P法律事務所(東京都) 315,000円から
Q法律事務所(東京都) 147,000円
R法律事務所(東京都) 283,500円
S法律事務所(東京都) 294,000円
T法律事務所(東京都) 262,500円
(全て個人、同時廃止の場合。消費税込み)
上記以外に自己破産申立ての実費が2万円から3万円掛かります。

弁護士より司法書士の方が安いというイメージがありましたが、
調べてみるとあまり差がないのがわかりました。

また、下は15万円くらいから上は40万円以上と大きな開きがありました。

実際に個人の自己破産手続きというのは、持ち家等が無ければそれほど難しいものではないので30万円以上というのは個人的には高すぎるように感じます。

ただ最近は、グレーゾーン金利の過払いの問題がありますので、
借入が長期に渡っている方は、自己破産を考える前に、
弁護士に相談してみるのも良いかと思います。
相談料はだいたい30分5,000円くらいからです。

自己破産手続き@情報局


自己破産費用

自己破産費用〜自己破産手続き@情報局〜

自己破産手続に要する費用は債務者の大きな問題関心の1つであると思います。


 自己破産手続を弁護士や司法書士に依頼する場合、現実には、債務者の置かれた立場では予め費用全額を用意できる者は多くないと思いますが、多くの弁護士、司法書士事務所では自己破産手続依頼受任時にまとまった着手金(同時廃止の場合で10万円〜30万円前後)を要求する場合が多いと思います。

但し、負債状況、生活状況によっては着手金も低額にて分割支払の相談にのってくれる事務所も多くあるので依頼時には確認することが必要となります。


 但し、分割払いに応じてもらった場合でも、予納金や郵券などの最低限必要な実費費用程度は準備することが必要です。



自己破産の申立てに最低限必要な費用(ご自身で申立を行う場合)

破産申立書貼用印紙
1000円

予納郵券
2000円前後 (債権者数による)

破産予納金
 @同時廃止事案 1.5万円〜3万円
 A破産管財人選任事案 負債総額、資産状況などにより異なるが 最低20万円程度必要
 B少額管財手続  20万円程度

免責申立書貼用印紙
500円

よって一般的な同時廃止事案の手続費用合計(実費合計)は 2万円〜4万円 となります。


 なお、予納郵券と破産・免責予納金については各裁判所によって取扱いが若干異なるので、事前に確認しておいた方がよいでしょう。また、予納郵券は券種や枚数が指定されており、債権者の数により枚数が異なるので、これもあらかじめ地元の裁判所で確認しておく必要があります。


弁護士、司法書士へ依頼した場合の自己破産手続費用

 弁護士、司法書士へ自己破産手続(同時廃止事件)を依頼した場合の現在の手続費用相場は次の通りです。但し、各事務所においても債務総額、債権者数により費用は異なるため、正確な費用は依頼先事務所に見積もりを出してもらうことをお勧めします。

弁護士 30万円〜60万円
司法書士 15万円〜30万円


法律扶助制度

 債務整理の手続費用を捻出することが困難な生活状況の場合、財団法人法律扶助協会が運用している法律扶助制度の利用を検討してみるとよいだろう。

 法律扶助を利用するためには資力等の満たす必要があるが、特に破産の場合は、他の手続を利用する場合よりも厳格な資力要件が定められており、「生活保護受給者」または「生活保護に準ずる者」がその要件とされている。

 しかし、「生活保護に準ずる」という要件を比較的緩やかに適用している例もあるので、法律扶助協会各支部にあらかじめ確認しておくとよい。

 援助決定を得ると、破産の場合、原則として援助決定を得た段階で一定額を法律扶助協会へ支払えば、後は月々5000円〜1万円程度の分割払いとなります。



自己破産に関する解説・相談」(みなとみらい司法書士事務所 )より引用

自己破産 自分で手続きお助けマニュアル

自己破産手続き@情報局

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。