Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録

自己破産ニュース

札幌の老舗飲食店チェーン「はせ川観光」が自己破産@自己破産手続き情報局

負債総額は関連会社と合わせ約10億円。
 ススキノで老舗飲食店チェーンを営む「はせ川観光」(本社・札幌、長谷川和義社長)と関連会社「はせ川フーズ」(同)は、3月26日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。
 信用調査会社の東京商工リサーチ北海道支社によると、負債総額は「はせ川観光」が8億円、「はせ川フーズ」が2億円で、合計はおよそ10億円。
 「はせ川観光」は1963年の設立。ススキノ地区で8店舗を運営する飲食店チェーンとして知られ、ピークの1996年3月には15億3,900万円の売上高をあげた。
 しかし、有利子負債の圧縮のため、同業者に店舗を売却するなどして事業を縮小。2004年9月期には7,478万円の赤字を計上、集客の減少に歯止めが掛からず、債務超過に転落。昨年4月には中核店舗「北海道時代」を閉店、金融機関に対する借入金の圧縮が進まず、今回の事態に陥った。
 「はせ川観光」の前社長・長谷川義一氏は、 ススキノの各店経営者らでつくる「ススキノ観光協会」会長を務め、1993年に同協会を社団法人化した。
(BNN)

昨年9月くらいから飲酒運転に対しての取り締まりが厳しくなり、
飲食店全体に売上の減少が拡がっている。
私の周りでも、店仕舞いする飲食店が後を絶たない状態。


自己破産手続き@情報局
タグ:自己破産
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。