Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録

自己破産ニュース

小杉元文相「ヤミ献金」報道 事務所は「詳細わからず」〜自己破産手続き@情報局〜

 自民党衆院議員の小杉隆・元文相(71)=東京5区=が東京都内の不動産会社とイベント企画会社から計約1100万円の「ヤミ献金」を受けていた疑いがあると15日付の読売新聞が報じたが、小杉氏の事務所は朝日新聞の取材に対し「責任者だった当時の秘書が死亡しており、詳しいことが分からない」としている。

 指摘された疑惑は、小杉氏が落選後の01〜02年に、元秘書名義の銀行口座あてに2社から計約1100万円の資金提供を受けていたというもの。政治資金規正法では政党への企業献金は認められているが、小杉氏が代表を務める党東京都第5選挙区支部の政治資金収支報告書には、この資金提供の記載はない。

 小杉氏の事務所は、小杉氏が02〜04年、役員を務めていたイベント企画会社から計約1000万円の報酬を受け取り、復活当選後の04年3月に辞めたことは認めている。しかし、01〜02年の資金提供の事実関係については「元秘書などに確認しないと分からない」としている。

 朝日新聞の取材に対し、不動産会社は「資金提供の事実はない」と否定している。

 小杉氏は妻が昨年末、14億円超の負債を抱えて東京地裁へ自己破産を申し立てた。01〜02年当時は、妻が負債を抱えていた時期と重なっている。
(朝日新聞)

<小杉隆元文相>妻の自己破産、負債総額は14億円

自己破産手続き@情報局
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。